UI(ユーザーインターフェイス)とは?UXとの違いについても解説!

こんにちは!なかあです!(@nakablog_

今回はホームページ制作やアプリデザインなどを考える際によく聞く、
UI(ユーザーインターフェイス)とはなにか解説します!

また、よく似たUX(ユーザーエクスペリエンス)の違いについても触れていきます。

わかりやすく解説!

広告

UI(ユーザーインターフェイス)とは

UIとはユーザーインタフェイス(User Interface)の略称で、利用者との接点という意味になります。
つまり、ユーザー(利用者)と製品・サービスが接触する部分をいいます。

Webサイトで具体例をあげると、

  • ボタンデザイン
  • フォント
  • サイトカラー

などなど。
上記に挙げたのはほんの一部に過ぎず、
ユーザーが製品やサービスと接触する際に目にするもの、操作する部分すべてのことを指します。

つまり、UIが良いデザインというのはユーザーにとってわかりやすく、使いやすいデザインということになりますね。

UX(ユーザーエクスペリエンス)とは

UXとはユーザーエクスペリエンス(User Experience)の略称で、利用者の体験という意味で、
ユーザーが製品やサービスを通じて得られる体験のことをいいます。

Webサイトで具体例をあげると、

  • 適切なフォント、カラー
    「見やすい!」「きれい!」
  • 優れた製品紹介
    「かわいい!」「欲しい!」

といった体験のことです。
ユーザーが製品やサービスを通じて、どう感じたか、どう考えたかがUXという意味です。

つまり、UXが良いデザインというのはユーザーに良い印象、購買意欲などのプラスの体験を与えられるデザインということになります。

まとめ

UIとUXは別のもののように解説しましたが、実はUXの中にUIがあるのです。
UXを高めるために必要不可欠なのがUIです。

  • UI→ユーザーが製品やサービスと接触する際に目にするもの、操作する部分すべてのこと。
  • UX→ユーザーが製品やサービスを通じて得た体験。どう感じたか、どう考えたか。

ユーザーに良い体験をしてもらうためにはUI・UXの知識が必要不可欠です!
これらの知識をしっかり身につけて、質の高いデザインをしていきましょう~!

Twitterでも発信中!

タイトルとURLをコピーしました