揃えて揃えて揃えまくれ!デザインの基本原則「整列」とは?

悩む人
悩む人

デザインを作ってみたけど、なんかバラバラ感がある・・・。

キチッと揃ったデザインを作るにはどうすればいいかな?

そんなお悩みを解決します!

こんにちは!現役デザイン学生のなかあ(@nakablog_)です!
デザインの大学に通いながらブログを書いたりTwitter発信をしたりしています。

揃ったデザインを作るには、デザインの4つの基本原則のひとつ、「整列」を意識しましょう!

デザインの4つの基本原則はノンデザイナーズ・デザインブックという本が起源で、今ではデザインの世界で当たり前に使われている原則です。

4つの基本原則は、デザイナーも非デザイナーも覚えておくだけで、必ず役に立つのでぜひ最後まで読んでください!

今回は「整列」について解説します!

4つの基本原則をまとめた記事はこちら↓

デザインの基本原則「整列」とは

「整列」とはあらゆる要素の端、方向、角度などを揃えるというものです。

「整列」を意識してデザインすると、パッと見たときに美しくキチッとしたデザインになって、気持ちがいいです。

また、揃えることでデザインの意味が理解しやすくなるので、わかりやすく、見やすいデザインになります。

特に、要素の端っこを揃えてあげるだけでキチッとした揃ったデザインになるので、必ず意識してデザインしましょう!

デザインはとにかく整列で揃える

前者と後者、どちらが揃ったデザインかわかりますか?

こちらのデザインもご覧ください。

いっけんどちらも良さそうなデザインですが、揃っている方、わかりますか?

整列で揃える要素

おわかりかと思いますが、前者が揃ったデザイン、後者が揃っていないデザインです。

ガイドラインで整列しているのをわかりやすくしてみました。

  • 文章と画像が左揃え
  • 画像と商品名、価格は中央揃え
  • 各画像の間は均等幅

先ほどの揃っていないドーナツのデザインは、要素の端っこや幅、角度がバラバラです。

ふたつ目の文房具が並んだデザインは前者が揃ったデザインです。

文房具の向きが違うのですが、そのもの本来の特性を考えて頭としっぽの向きを揃えると美しいデザインになります。

基本原則の「整列」まとめ

整列で揃える方法は以下です。

  • 上下左右の端そろえ
  • 中央そろえ
  • 各要素との幅
  • 各要素の角度
  • 特性を考えた向き

「整列」を意識してデザインすると、パッと見たときに美しくキチッとしたデザインになって、気持ちがいいです。

また、揃えることでデザインの意味が理解しやすくなるので、わかりやすく、見やすいデザインになります。

しかし、状況に応じて左端で揃えるのか、中央で揃えるのか最適な揃え方は変わってきますので、とりあえず揃えればいいというわけではありません。

どんな揃え方をすればいちばん伝わるのか、常に考えながらデザインしましょう!

それでは良い整列ライフを~!

Twitterもやってますのでぜひ覗いていってください~!

タイトルとURLをコピーしました