くりかえしで統一感を!デザインの基本原則「反復」とは?

悩む人
悩む人

デザインに統一感がないなあ・・・。

統一感をだすにはどうすればいいんだろう?

そんなお悩みを解決します!

こんにちは!現役デザイン学生のなかあ(@nakablog_)です!
デザインの大学に通いながらブログを書いたりTwitter発信をしたりしています。

揃ったデザインを作るには、デザインの4つの基本原則のひとつ、「反復」を意識しましょう!

デザインの4つの基本原則はノンデザイナーズ・デザインブックという本が起源で、今ではデザインの世界で当たり前に使われている原則です。

4つの基本原則は、デザイナーも非デザイナーも覚えておくだけで、必ず役に立つのでぜひ最後まで読んでください!

今回は「反復」について解説します!

4つの基本原則をまとめた記事はこちら↓

デザインの基本原則「反復」とは

反復とは、デザインのレイアウトの中で同じ要素を繰り返すことです。

要素を反復すると、見る人はそれぞれの要素同士は関連すると認識し、反復している要素同士が大きなグループとなり、デザイン全体に統一感を生み出します。

反復で全体に統一感がでる

反復していないデザイン
反復したデザイン

このふたつのデザインをご覧ください。

ひとつ目のデザインは反復を意識していないデザインで、ふたつ目は反復を意識したデザインです。

ひとつ目は、それぞれのデザインは悪くないのですが、家具ごとにバラバラなので統一感がまるでありません。

ふたつ目は、デザインがそれぞれ同じなので統一感があり、綺麗な印象です。

反復は繰り返す要素が多いほど効果的で、規則性統一感が生まれます。

反復するならカンペキに反復する

カンペキに反復したデザイン
文字の大きさや太さ、フォントがバラバラ

一部だけフォントが違ったり、大きさが違ったりすると、大きな違和感を与えてしまいます。

反復をするならカンペキに反復するようにしましょう。

反復は「わかりやすさ」も意識する

カンペキに反復したデザイン
写真と説明文がどれに対応するかわかりづらい

フォントや大きさが揃っていても、デザインのレイアウトによってはわかりづらくなってしまいます。

「写真は上、説明は下」というレイアウト自体も反復すると見る人が理解しやすくなります。

反復するときは「わかりやすさ」も意識するようにしましょう。

基本原則の「反復」まとめ

反復とは、デザインのレイアウトの中で同じ要素を繰り返すこと

要素を反復すると、見る人はそれぞれの要素同士は関連すると認識し、反復している要素同士が大きなグループとなり、デザイン全体に統一感を生み出します。

また、反復するときは「わかりやすさ」を意識すること。

反復する要素は以下のようなものがあります。

  • 写真サイズ
  • 文字サイズ
  • フォント
  • 装飾
  • 配置
  • 余白

「反復」を意識して、統一感のあるわかりやすいデザインを目指しましょう~!

Twitterもやってますので、覗いてみてください~!

タイトルとURLをコピーしました