デザインって?デザイナーの仕事について知ろう!

みなさん「デザイン」という言葉はご存知でしょうか。デザインには「モノ」のデザイン「コト」のデザインデジタル媒体のデザイン紙媒体のデザインまで様々な種類があります。

こんな人向けに書いたよ!

  • これからデザインを学ぼうと思ってる
  • どんな種類のデザインがあるか知りたい
  • そもそもデザインってなに?

それでは解説します。

そもそもデザインとは?

デザインとは問題解決です。
ユーザーが抱える問題を探し出し、それを解決する方法を模索、そして実際に解決できるよう具現化・表現することがデザインです。
この流れはどのデザインのお仕事にも使える基本的な考え方で、これをデザイン思考と言ったりします。


これはモノに限らず、webサイトのデザインや駅の案内看板など視覚的なことにも言えます。
この世の中はデザインで埋め尽くされているんですね。

デザインの種類

デザインとは何か分かっていただけたでしょうか?
続いて大まかなデザインの種類デザイナーのお仕事について解説したいと思います。

グラフィックデザイン

画面上に写真やイラスト、文字などを構成することです。業界によって様々なお仕事があり、ゲーム業界ではキャラデザイン・背景デザイン、広告業界ではポスターデザイン・Webデザインなどがあります。なので下記で紹介するWebデザインやCGデザイン、DTPデザインもグラフィックデザインの一部ということになります。

Webデザイン

さまざまなWebサイトの色の構成やレイアウト、機能性を考えてデザインするお仕事です。
ただかっこいいWebサイトを作ればいいというわけではなく、クライアントの意向に沿ってサイトのコンセプトや目的を定めユーザーにとって使いやすく分かりやすいデザインを作成しなければなりません。

CGデザイン

CGは「Computer Graphics」の略で二次元、三次元のイラストや映像を制作するお仕事です。三次元のCGを3DCGと言ったりもしますね。モデリング作成ソフトで形状を作り、そのものの見た目を変えるテクスチャをつけて、背景やライトでよりリアルに見せる手を加えたら画像や映像にするレンダリングという作業を行うのが基本の流れです。

DTPデザイン

DTPは「Desk Top Publishing」の略で、
雑誌や書籍、パンフレットなどの紙媒体の原稿作成やデザインをパソコンで行うお仕事です。
紙媒体は一度印刷してしまったら修正することはできないので、レイアウトや色の指定など精密な作業が求められます。

プロダクトデザイン

スマートフォンや文房具など実際にモノとして存在する製品をデザインするお仕事です。
しかし、「かっこいい」や「美しい」だけでは良いものは作れません。ユーザーの立場に立って使いやすい・分かりやすいを実現するデザインを考えなければなりません。
似ているものでインダストリアルデザインというものがありますが、こちらはプロダクトデザインの中でも家電や自動車などの工業製品のデザインを取り扱うお仕事です。

インテリアデザイン

空間にいる人の居心地が良くなるように室内の家具や照明、色をデザインするお仕事です。
空間のイメージに合わせて落ち着きのある部屋にしたり、店だったら商品が目立つような内装を考えたりする必要があります。
似ているものでエクステリアデザインというものがあります。
インテリアデザインは「内装」に対してこちらは「外装」で建造物の外観やその周りの装飾のデザインをします。

ファッションデザイン

洋服をデザインするお仕事です。しかし、ファッション業界は移り変わりが激しくトレンドが頻繁に変化します。今の市場の把握しそれに応じてデザインを考えるマーケティング力も必要となってきます。
常に流行をキャッチしないといけない難しいお仕事ですね。

まとめ

いかがでしたか?デザインの本質は問題解決そして色んな種類のデザインを理解いただけたかと思います。細かく言うと上記で紹介したデザイン以外にも種類はもっとあるので気になる人は調べてみるといいかもしれませんね。
この記事が参考になったらぜひブックマークとTwitterのフォローよろしくおねがいします!

フォローよろしく!!

タイトルとURLをコピーしました