デザインはイラストが描けなくてもできる?【できます!でもイラストが描けると有利】

こんにちは!なかあです!(@nakablog_

僕は大学でデザインの勉強をしています。
それでデザインの学校に通っているというと、

「絵かいたりするの?」
「イラスト系なんだ!」

とかよく言われます。
もう99%くらいの確率でw

まじで毎回言われますw

デザインをするときにIllustratorっていうソフトを使うんですけど、
名前からイラストレーター=絵を描く人ってイメージもついてそうですねw
これは名前がややこしい!

結論から言うとデザインをできるようになるために
イラストが描ける・描けないはほぼ関係ないです。
しかしイラストが描けると有利になることもあります。

今回はデザインはイラストを描けなくてもできる?【できます。しかしイラストが描けると有利】ということで、そう思う理由を話していこうと思います。

広告

デザインはイラストが描けなくてもできる?

そもそもデザイナーとイラストレーターって別のお仕事なんですね。

デザイナーは情報をわかりやすくを伝えるために要素をレイアウトするのが基本のお仕事
イラストレーターはクライアントの趣旨に沿ってイラスト、絵の制作をするのに特化したお仕事

似ている部分はありますがの内容は別ものです。

デザインっていうのは情報をまとめて要素をレイアウトするものなので、イラストが描けなくても特に困ることなくできます。

デザイナーのお仕事についてはこちら↓

簡単なイラストというか目を引くものを作るんだったら図形の組み合わせや配色で全然表現できますし、フリー素材サイトから引っ張ってこればOKです。

イラストが描けると有利に?

冒頭でお話したとおりイラストが描けるとデザイナーとして有利になることがあります。

デザインをやってると、
「どうしてもここにこういうイラストがほしい!」
「ここにイラストがあったほうが伝わりやすい!」

ってときがあります。

そんなときに自分でイラストが描けるとすごい楽なんですよね。

もしイラストが描けない場合はイラストレーターさんに外注するか、他の方法で妥協するしかありません。

広告

でもイラストが描ければ、思い通りのイラストを描くことができます。
自分で作ってるデザインなので自分が本当にほしい、必要なイラストですね。

外注だと自分がほしいイラストを完璧に伝えることができないので難しいと思うので、
デザインに必要なイラストが自分で描けることがイラストを描ける人の強みになりますね。

でもまあ、デザインでイラストが必要になることはそう多くはないですし、なったときもだいたいフリー素材で解決することができるので、そこまでめちゃくちゃ有利ってわけでもないです。

まとめ

  • イラストを描ける人は自分のデザインで必要なときに自分で描くことができるから楽。
  • 描けなくても他の方法で全然解決できるのでめちゃくちゃ有利かと言われたらそうでもない。

あとこれは個人的になんですけど、
イラストが描ける人って自然と配色のセンスを身につけてる人が多いので、デザインを学ぶときに成長がはやいな~と思います。
そういう面ではイラストが描ける人はデザインで有利といえますね。

Twitterではブログの要約やデザインの考え方などについて発信しているので是非フォローお願いします!

それでは~!!

タイトルとURLをコピーしました