ダサいデザインの作り方9選!【ダサいデザインを作ろう】

こんにちは!現役デザイン学生のなかあ(@nakablog_)です!
デザインの大学に通いながらブログを書いたりTwitter発信をしたりしています。

今回はダサいデザインの作り方9選!ということでダサいデザインの作り方を紹介します!!

この記事を参考にデザインを作れば、誰でも簡単にダサいデザインを作ることができますので、ぜひ真似してみてくださいw

こちらの記事ではなぜダサいのか、どうすればダサくなるのかを解説しています。

縦横比変形、引き伸ばし

画像や文字の縦横比を大幅に変えると、とてもダサいデザインができます。

写真、画像は少しでも引き伸ばしするとダサくなるので積極的に変形していきましょう。
文字は大きく変形させないとダサいと分からないので、大胆に、これでもか!ってほど変形させてやりましょう。

とにかくレインボー

ダサいデザインにするにはとにかく多色配色、レインボーにすることが効果的です。

色数を少なくするとデザインがまとまってオシャレに見えてしまうので注意ですね。

写真+文字

写真の上にただ文字を置く。この見にくさがいい感じにダサいですね〜。

よりダサくするには、もっとゴチャゴチャして写真を使ったり、地と文字の明度差を近づけましょう。

余白を減らす

上下左右の枠と文字の余白を限りなく減らしましょう。ダサくなります。

余白を減らすと文章が読みにくくなって、安っぽいデザインになるのでダサくしたいなら積極的に取り入れていきましょう。

文字に枠線

文字に枠線をつけて塗りを潰すと、読みづらくなっていい感じにダサいです。

ただ枠線をつけただけではおしゃれになってしまう可能性があるので、文字の塗りの部分を潰す勢いで大きく枠線をつけましょう。

何でもかんでもドロップシャドウ


濃く大きく、ありとあらゆるものにつけるとダサくできます。

特に濃いドロップシャドウはよく使われるダサデザインです。

バチバチに派手に装飾

バチバチに派手に装飾していきましょう。いらない要素を入れれば入れるほどダサくなります。

眩しくて見づらいし、情報が渋滞してダサくなるので積極的に取り入れていきましょう。
特に文字、グラフ等の3D化はかなりダサくすることができるのでおすすめです。

とりあえず中央揃え

揃え方に迷ったら脳死で中央揃えにしましょう。

何も考えずに中央揃えにすることで、いい感じのダサさを演出できます。
特に箇条書きとか数字のリストを中央揃えにすると、見づらくなってダサいです。

文字を半端にはみ出す

そして一文字「え」だけとか、「。」「円」とかの単位を、半端にはみ出すと読みづらく理解しづらいダサいデザインになります。

まとめ

いかがでしたか?今回はダサいデザインの作り方を紹介しました。

  • 縦横比変更、引き伸ばし
  • とにかくレインボー
  • 写真+文字
  • 余白を減らす
  • 文字に枠線
  • 何でもかんでもドロップシャドウ
  • バチバチに派手に装飾
  • とりあえず中央揃え
  • 文字を半端にはみ出す

この9つを意識するとダサいデザインを作ることができるので是非参考にしてみてください!

こちらの記事ではなぜダサいのか、どうしたらダサくなくなるのかを解説しています↓

※補足
上述した内容はプロのデザイナーが使えばオシャレにすることもできます。
この方法=ダサいとは決めつけずに基本はダサいデザイン程度に考えておいてください。

Twitterでも発信しています!フォローしてくれると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました