デザインの4つの基本原則とは?デザイナーでなくても覚えておくべき!

こんにちは!なかあ(@nakablog_)です!

今回はデザインの4つの基本原則について解説していくよ!

デザイナーの方はもちろん、デザイナーじゃない方も参考になると思うのでぜひ覚えていってください!

広告

デザインの4つの基本原則とは

デザインの4つの基本原則には、

  • 近接
  • 整列
  • 反復
  • コントラスト

があります。
これらの原則はみなさんが無意識でやっていることですが、それを意識して行うことでより良いデザインを生み出すことができます。
以下ではそれぞれ詳しく説明していきます。

デザインの4つの基本原則

近接

近接の原則とは、関連する要素をまとめてグループ化することです。
「ゲシュタルトの法則」といって人は近くにあるものを一つのグループとして認識します。
関連する要素は近づけて情報をわかりやすくして伝え、逆に関係しない要素同士は離して関係しないということを伝える必要があります。

左図ではすべての情報がひとまとまりになっており、パッと見たときに理解しづらいものになっています。
右図では①会社名、②役職・名前、③住所・連絡先 という3つのグループに分け配置されているので、左図と比べてより早く、より理解しやすいデザインとなっています。

整列

整列の原則とはすべての要素を意識して配置することです。
人は規則正しいものや整列されているものを見ると本能的に美しいと感じます。
なのでレイアウトをする際は要素同士を意識的に揃える必要があります。

左図では写真や文字がすべてバラバラに配置されており、見栄えがとても悪いです。
右図では写真は全体が入るように、文字はすべて左揃えで配置されています。

美しいデザインが作りたいなら少しのズレも妥協せずに、すべての要素を意識的に配置し、見る人に違和感を与えないようにしましょう。

反復

反復の原則とは複数の要素を同一のデザインルールをもとに繰り返すことです。

左図では見出しのアイコンがばらばらで統一感がなく美しくありません。
右図では見出しのアイコンのデザインを統一したため、美しいデザインになっています。

複数の要素を同一のデザインルールをもとに繰り返すことで、デザイン全体に統一感が生まれ視覚的にもおもしろいものになります。

コントラスト

コントラストの原則とは要素同士を対比させることです。
目立たせたい部分を強調したり、視覚的に面白さを加えたり、要素の構造に区別を付けるために最も効果的な方法です。

左図では見出しとリストのマークが同じなため、平坦でおもしろくないデザインになっています。
右図では見出しのマークを強調しているため、情報がわかりやすく見ていておもしろいものになっています。

コントラストの目的は情報をわかりやすくして見る人を引き込み、デザインの見栄えを良くすることです。コントラストを付けるなら少し異なるではなくはっきり異なるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?紹介したデザインの4つの基本原則は意識して使うことで、より分かりやすく、美しいデザインを生みだすことができます。

Webデザインや資料制作など、どんなところにもこの基本原則は使えるのでぜひ覚えておいてください!それでは!

Twitterフォローよろしく~!

タイトルとURLをコピーしました